大手ゼネコン「大成建設」の工事現場でまた死亡者が出た。
20年東京五輪のメーンスタジアム「新国立競技場」の建設現場で、23歳男性が過労自殺したばかりだが、また現場の過酷さを象徴するような事故が起きた。

東京・千代田区の老舗宴会場「東京会館」の建て替え工事で、11日に作業中だった50代と40代の作業員計3人が亡くなった。
3人は、ビル5階部分でエレベーターを通す縦穴の上に足場として置いていた1〜2畳分の鉄板とともに、約25メートル下の地下3階まで転落。
約630キロの作業車両も落下しており、鉄板が車両の重みに耐えられず抜けた可能性があるという。

施工業者は、新国立と同じ大成建設だった。
驚きなのは、作業日が祝日の「山の日」だったことだ。
工事現場付近に張られた「特定建設作業実施のお知らせ」なる掲示物には、「作業しない日」との項目に「日曜・休日」と記されているのだ。

新国立の工事のケースでは、自殺した男性は、工期の遅れを取り戻すため最大で月211時間の残業を余儀なくされた。
東京会館は、18年10月完成予定。
新国立同様、工期を優先するあまり、現場は本来「作業をしない日」である休日に出勤を余儀なくされたのか。

建設現場の事情に詳しい建築エコノミストの森山高至氏はこう言う。

「通常の土日休みを返上して作業するケースはままあります。
しかし、11日はお盆休みに差し掛かる日です。
大晦日に作業するようなもので、通常なら現場は休みになるはず。
慢性的な人手不足で、工期に間に合わせるために無理をした可能性が考えられます」

大手ゼネコンのコスト圧縮策が背景にあるという。

「大手は不況のあおりで、新規採用を手控えている。
人員削減を進めた結果、現場の監督者さえも派遣社員に任せるケースが増えています。
派遣社員だと現場の事情を把握できない上、頻繁に交代するので、結果的に現場での意思疎通に支障を来す。
車両の重みで鉄板が抜けたのなら、『ここに重量物を置くな』といった注意書きが掲示されていなかったのではないか。
事故の原因は、監督不行き届きだった恐れがあります」(森山高至氏)

大成建設に事実確認を求めたが、「警察の捜査に関わるので、返答は控える」(担当者)と、明言を避けた。
凄惨な事故が続くようでは、「ワークライフバランスの確保」などと掲げた安倍政権の「働き方改革」も看板倒れだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13478807/

コメント一覧
移民1000万人計画の国際人材議員連盟の会長だった小池百合子が、
外国人労働者を今もどんどん増やしてるのにか

小池百合子都知事の「希望の塾」3回目の特別講師は竹中平蔵氏 
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-362821/

外国人の家事代行、都も解禁 小池知事正式表明
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS31H2I_R30C16A8EE8000/
 

  _ノ乙(、ン、)_オカ板から来ましたスレ
アベノミクスの犠牲者
「慢性的な人手不足だが給料は上げてやらん!」

アホだろ日本人
竹中のした。


大成
これくらい。
因みに、鹿島は目にみえない。
第99回全国高校野球選手権大会 松商学園のチアが可愛いと話題に
https://goo.gl/LM9yKy
体勢
人手不足って便利な言葉
大成はアホだという話なのに、安倍を批判しないと気がすまんのか
過労させても管理職や経営者に厳罰がないのでやりたい放題